トラベラー三脚 T-005KX

最近、持ち運びに便利な三脚が欲しいと思っていくつか探していました。

ベルボン、マンフロット、BENROなど各社発売されています。
値段、縮長、伸長、重量、耐荷重などいろいろ吟味してみましたが、
小さくなれば、伸長も低くなってしまう。
大きくなれば、縮長や重量が増してしまう。
当たり前といえば、当たり前のことがメリットでデメリットになってしまっていました。

いくつか検討した中で、
おそらくこの分野では、ベルボンのウルトラトレックシリーズが人気でないかと思います。
ダイレクトコンタクトパイプという脚ロック構造でを採用して、軽量でコンパクトになるという優れもの。
ただ、意外と耐荷重はイマイチなようで。

いくつか探していたら、SIRUIというメーカーのトラベラー三脚にたどり着きました。
このメーカー、中国のメーカーなのですが、以前一脚を購入して、かなり良かったメーカー。
その中で、重量がなんと1.0キロというT-005KX+C10Xというモデルを選択しました。

なお、最近ネット通販では、在庫切れが多く見られるうえに、若干値上がり気味。
私も注文から10日ほどかかりました。

さて、梱包を開梱。
箱だけだと、特に変哲もありませんけど。

2017031401.jpg

中身はこんな感じで、かなりコンパクト?写真じゃ分かりにくいです。
一応、重量を計ってみたら、1036gということでカタログスペック通りです。
縮長は、うまく雲台の向きを変えると335mmよりも少し短いかなぁ。

なお、前回購入の一脚と比べると、脚のスムーズ感はイマイチかなぁ。
ちょっと安っぽい感じがします。

2017031402.jpg

クイックシューが取り付けられていますが、意外と安定感あります。
おまけに自由雲台もキッチリ止りますので、問題なしです。

2017031403.jpg

そして、一番気になる耐荷重。カタログスペックは、4kgです。
脚のパイプも細いので、4kgは、ちょっとオーバーかなぁと思いますね。
念のためミラーレスE-M5 IIでセルフタイマー撮影です。
シャッター速度を1秒にして、脚もEVも一番の伸ばして300mm相当で撮影です。
ピクセル等倍で、ブレてないようです。これなら合格かなぁ。

2017031404.jpg

普通のデジイチ使ったり、風が吹いたらちょっと不安になりますけど、
まぁ、コンパクトに持って出かけるということを考えれば十分合格かなぁと思います。

またもやカメラバッグ

写真やってる人は、カメラバッグ沼や三脚沼なんて良く聞きますが、
私もカメラバッグ沼にはまってしまいそうです。

最近、撮影スタイルを変えて自転車で撮影に出かけるのですが、
やはり自転車だとショルダーバッグでは、非常に苦痛でした。
そこで、リュック型のバッグを買ってみました。

まぁいくつか候補はあったのですが、最低限の希望として、
・70-200 (f2.8)は、持ち運びたいなぁと。
・機材以外も運びたい。
・側面からの出し入れがしたい。
というのが最低限の希望ですかねぇ。

最初に見つけたのがLoweproのファストパック BP 250 AW II(公式HP)。
やはりバックパックタイプならば、Loweproですね。
カメラの出し入れがしやすそうで、なんといっても丈夫そうです。
その反面結構重たい。パソコンは持ち運ばないしなぁ。

そして次に見つけたのは、Manfrotto.のMB MS-BP-IGR(公式サイト)。
こちらは、70-200が入らないわけではないが、レンズ入れたらカメラはいらないし。
デザインとかは良かったのですが、明らかに没ですね。

他にもMB MA-BP-TL-CAは、一回り、いや二回りぐらい大きく、こちらは結構いいかも。

Amazonで探してみるといくつか候補がありましたが、
その中から、HakubaのGW-ADVANCE PEAK25
を見つけました。
どっちかというとカメラバッグよりも山岳バッグ向けでしょうか。
ちょっと趣旨と離れそうですが、自転車に乗るのには便利そう。
おまけに1万円ちょっとという値段にもひかれまして、こちらに決定。

買ってみると意外とでかい。

2016102801.jpg

山岳バッグらしく、縦長なデザインで、腰ベルトなどもしっかりと装備されています。
あとは、背中と当たる面が、空気を通過させるデザインに。
これは蒸れ防止には最高かなぁ。

2016102802.jpg

カメラの収納場所は、220×220×120mmとうことで、70-200は、結構ギリギリ。

2016102803.jpg

ただ、このバッグのカメラ収納場所はインナーバッグということで、
多少はみ出て良ければ、入っちゃうんですよね。
EOS 7Dに24-105を装着して、70-200を入れてみても一応はいります。
めちゃくちゃ余裕があるわけではありませんので、ご了承ください。
ただし、この写真、奥には広角レンズも入れてあります。

2016102804.jpg

インナーバッグを外すとかなり広いです。
もしかしたら、インナーバッグを変えるとまだまだ押し込めてしまうのかも。

2016102805.jpg

こちらは上部の荷物スペース。
そろそろ寒くなる時期なので、上着などを入れるのにも苦労しない広さです。

2016102806.jpg

完璧かと思ったのですが、
先ほどの、7D+24-105(f4.0)と70-200(f2.8)と10-24を入れて背負ってみたら、かなり思いたい。
これで、自転車乗るのは、キツイなぁと思えて来ました。
撮影行ったら、またレポしてみます。

互換バッテリーを買ってみましたBLN-1

ミラーレス一眼OM-D E-M5markIIを買ってみてから、
電池の減りに、かなり気を使って来ました。
下手すると1週間ぐらいに1回充電しています。

やはり1つ予備を持っておかないと不安ですので、買ってみることに。
純製品は、当たり前の様に5000円以上と高価です。
以前、EOS用の互換バッテリーを買ったのですが、
購入後はすごく調子が良いのですが、少し経つと劣化が酷くなります。

今回も純正か、互換かで迷った挙句、
値段の魅力に負けて互換バッテリーを買ってしまいました。
AmazonでNucleus PowerというメーカーのUSB充電器付きというやつです。

2016040701.jpg

オリンパスの純正充電器が、ACケーブルに接続しないと使用できないタイプで、
また、USBなどから充電もできません。
今回買ったUSB充電器付きならば、モバイルバッテリーがあれば充電もできるため、
いざというときにもいいなぁと思って購入です。
microUSBのコネクターがありまして、ケーブルも付属しています。
パソコンからも充電ができますね。

2016040702.jpg

電池自体は、互換バッテリーにありがちな感じで、ちょっと軽い。
純正とほぼ同じ容量ですが、どうなんでしょうねぇ。
まだ使ってないので、分かりませんけど、使用感は後日追記いたします。

とりあえず、バッテリーの減りを気にすることが少なくなるかなぁ。

AF性能テスト

今日も寒いながらも良い天気になりました。
昼間は、今頃ですけど年賀状を書いたりと時間が過ぎ去ってしまいました。
夕刻、E-M5 IIのAF性能テストをしてきました。

正面から狙える、男川橋梁に来ました。
露出的には、あまり良くない条件です。ISO250, 1/320, f5.6にて撮影です。

E-M5 IIには、C-AF(コンティニュアスAF)と C-AF+TR(追尾AF)というのがあります。
追尾できるというのがミラーレスの強みでしょうね。
実際に撮影して分かったことは、C-AF+TRですと、ちょっと追いきれないこともあるようです。

フォーカスエリアが、全面自動、グループ、スポットがあります。
ある程度広くしたらAF性能が上がると思ったのですが、
広くすると、被写体が遠いときに、おそらく背景のコントラストが強いせいか、
なかなか列車の正面にピントが合わずに苦労しましt。

何度かチャレンジしてみて、 C-AFで、スポットAFでの撮影が一番良かったかなぁ。
一番良かったときは、こんな感じになりました。
全11コマ撮影で、すべてピントは合ってます。

ちなみにですが、悪いときは、10コマぐらいで2コマしか合ってないこともあり、
やはり動体撮影は苦手なんでしょうねぇ。


2015123002.jpg
1/11コマ目

ちょうど良さげなポイント。

2015123003.jpg
8/11コマ目

最後のこの位置まで合っているところは評価できるところ。
これがコンスタントにできれば良いのですが...

2015123004.jpg
11/11コマ目

EOS VS OM-D

年末年始で工場などの稼働も少なくなったようで、
今日からは、JR貨物も休日前の運行状況になったようです。

初めてEOSとOM-Dを二つ持って出かけてきました。
場所は、いつもの牧内跨線橋。

三脚にカメラ2台取り付けての撮影です。
最初は、9863レ。EF64 1008牽引で、オール空コキ4Bです。

EOS 7D + EF24-105 f4.0Lと OM-D E-5M II ED 14-150 f4.0-5.6との対決?

ちょっと露出が明るすぎたのと、ピクチャースタイル間違ってしまって分かりずらい。

2015122901.jpg
EOS 7D, 1/1000, f5.6, ISO200 ピクチャースタイル:ノーマル

2015122902.jpg
E-5MII, 1/1000, f5.6, ISO200 ピクチャースタイル:Vivid

続行の5073レ。こちらもオール空コキでした。
今度は、設定間違えないように。

2015122903.jpg
EOS 7D, 1/1250, f5.6, ISO200 ピクチャースタイル:風景

2015122904.jpg
E-5M, 1/1250, f5.6, ISO200 ピクチャースタイル:Vivid

ブログ用に写真は縮小してしまっていますので、
縮小していない画像で、ご確認くださいませ。
なお、撮影時、JPEG圧縮は一番圧縮率の低いものを選択し、
画素数は、中を選択しております。

2015122905.jpg2015122906.jpg
左:EOS 7D 右:E-M5II

色の好みはあろうかと思いますが、画質についてはどうでしょうか。
Lレンズと、キットレンズでこの差ってどうなんでしょうかねぇ。
ちょっと不安に思えてきました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

aoshu

Author:aoshu
暇があれば、鉄道撮影をしています。
投稿日が撮影日です。たまに、アップが遅れますが。
撮影データや撮影場所などのご質問は、いつでもご連絡ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR