「牛肉弁当」 at米原駅

今晩の夕食は、米原駅井筒屋さんの「牛肉弁当」です。
米原駅に着いたのが少々遅かったため、北陸線5,6番ホームのにある売店では、
すでにこの牛肉弁当と幕の内弁当だけしか残ってなく、有無を言わさず「牛肉弁当」を購入。
夕方になると完売も多い駅弁ですが、ここは乗り換え客も多いせいか、残っててラッキー。

井筒屋さんのビニール袋と一緒にお弁当を撮影。
米原周辺の観光案内が描かれています。琵琶湖とかあっていいですね。

2018020502.jpg

さて、中身ですが、ちょっと寄ってしまいましたが、意外とお肉タップりかな。
これで\1000ということで、私のおなかも満足しました。

2018020503.jpg

「松茸の釜飯」 at 美濃太田駅

いつ食べたかなぁと思うころに食べたくなる「松茸の釜飯」。
前回食べてからすでに3年近くなります。
今日も、立ち売りのおじさんからの購入です。
お昼時でしたが買っているのは私だけですね。

2017112404.jpg

写真では分かりませんが、松茸は2枚入っています。
駅弁は、やっぱり列車の中で食べると格別ですね。

2017112405.jpg

本日もごちそうさまでした。

花ことば at 名古屋駅

今日は岐阜駅にやってきました。
岐阜駅の駅弁といえば「嘉寿美館 加藤商店」というところがあったのですが、
いつのまにか倒産してしまったようで、名古屋駅で売っている松浦商店の駅弁ばかりが並びます。
仕方なく名古屋駅でも買える駅弁を購入。

「花ことば」という駅弁です。

2017021901.jpg

ほぼ幕の内弁当ですけど、ご飯は竹の子ごはんになっています。

2017021902.jpg

最近松浦商店ばかり食べていたためか、イマイチ変化がなくなってきた気がします。

三色ほうば寿司 at 高山駅

往路に続いて、復路も駅弁のお世話になります。

高山駅の駅弁は、肉系が多いのですが、
今日置いてあった駅弁は、全て食べてしまっていたので、
こちら「三色ほうば寿司」\1,300を選択してきました。
パッケージは、古い街並みの絵が描かれています。

2017013104.jpg

ふたを開けてみたらびっくり、なんと真空パックのお寿司です。
保存の問題なのか、ちょっと残念な感じです。

2017013105.jpg

袋を開けて並べてみました。というか、袋を開けるのが意外と大変なんですけど。
ほうばの葉にしっかりと包み込まれたお寿司です。

2017013106.jpg

そして、さらにほうばの葉を剥いてみました。
これも意外と一苦労です。

左から、穴子、マツタケとエビ、シャケです。
お味は、ちょうどいい具合の酢飯と具材がとってもマッチしています。
まぁ一つ言えることは、ちょっと小さすぎるかなぁってことで、
おそらく普通の男性だと2つあっても足りない可能性も。

2017013107.jpg

このお弁当ですが、おてふきが2つ付いています。
ほうばの葉を開けるときは、かなりべたつきますからねぇ。
真空パックのお陰で、瑞々しさを保っているんですね。

コーチンわっぱめし at 名古屋駅

本日の夕ご飯は、こちら名古屋駅の「コーチンわっぱめし」です。

本物のわっぱとはいきませんけど、
容器はわっぱ風です。
釜飯とか、容器の存在感って大事だなぁと思います。

20170130.jpg

コーチンのそぼろ、うずら、山菜などたくさん具材が詰め込まれています。
毎度のことながら松浦商店のお弁当はおいしいですねぇ。

2017013002.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

aoshu

Author:aoshu
暇があれば、鉄道撮影をしています。
投稿日が撮影日です。たまに、アップが遅れますが。
撮影データや撮影場所などのご質問は、いつでもご連絡ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者
月別アーカイブ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR