豊橋カレーうどんを食す

久々のグルメネタです。

豊橋に来たついでにB級グルメ?の豊橋カレーうどんを食べてきました。
そもそも豊橋カレーうどんとは、豊橋の観光協会が作り出した、歴史の浅いメニュー。
なんて言うと怒られそうですけど、日本一の生産量のうずら、消費の多いうどん、
多分奥三河で採れるトロロを組み合わせた、カレーうどんなんです。

豊橋観光協会さんのHPによりますと、豊橋カレーうどんのルールでは、
・うどん麺は自家製麺とする。
・器の底から、ご飯、とろろ、カレーうどんの順に盛る。
・日本一位の生産量を誇る「豊橋産のうずら卵」を具に使用する。
・福神漬または壺漬けを添える。
・愛情を持って作る。
だそうだ。

個人的にカレーの好きな私には、絶好の食べ物で、
三河地方にいながらこれまで、食べたことがないなんてということで、
食べログで調べて、豊橋駅から歩いて行けるランキングの高いお店ということで、
ここ、勢川広小路本店に行ってみました。

途中、広小路、ときわアーケードなどの商店街を抜けるのですが、
まったく活気がないな〜。
私の小さな頃、まあかなり昔ですが、人を避けながらあるいたんだけど。

話は戻りまして、勢川広小路本店に到着です。
歴史を感じ看板と建物ですね。

2012120501.jpg

中に入ってみますと、こちらもなかなか良い雰囲気ですね。
お客さんは、顔なじみの人ばかりって感じなのも私にはグー。

お昼時という事で、お待ちの方が数組見えました。
ラーメン店ほどではないですが、回転は良いのでほどなく座席に案内されました。

2012120502.jpg

どうせメニューは決まってるのに、一通りメニューを見まして、
豊橋カレーうどんを注文。
カレー煮込みとかもあるようですよ。

運ばれてきました、「豊橋カレーうどん」です。
ルール通りのカレーうどんですね。

そのお味ですが、ちょこっとピリ辛のカレールーが、
うどんにもトロロごはんにもバッチリあってます。
これは、マイブームになりそうな感じですよ。

2012120503.jpg

うどんとトロロごはんの二層構造のため、こんな食べ方の伝授案内もありますよ。

なお、お店に寄って、味付けや盛り付けもちがうようで、
豊橋に何軒も暖簾分けしている勢川さんの各店でも、
かなり違うようです。
これは、次の楽しみが増えたな〜。





2012120504.jpg

安城名物?!

JR安城駅まで来ましたので、あの有名なおまんじゅうを買ってきました。
そうです、おっぱいまんじゅうです。
時々テレビなのでも紹介されますので、ご存じの方も多いかと思いますが、
安城駅前の「北城屋」さんで売られている「べっぴんじゃん」というお饅頭です。

こちらの写真は、普通サイズですが、特注のビックサイズもあります。
特注は、予約が必要になりますが、まさにおっぱいそっくりです。

そのお味ですが、羽二重餅の中にカスタードが入っていまして、
和菓子というか洋菓子に近い感じで、食感も良くて美味しいですよ。

2012041301.jpg

購入しますと、ちゃんと説明書きが入っております。
このお菓子ですが、出産などのお祝いに使われているようです。

2012041302.jpg

久々に辛カレーうどん

今日の大雨もよく降りましたねぇ。
そんな中、暖かくなろうとうどんランチに行ってきました。

今日行ってみたのは、安城にある手打ちうどんおにがしまです。
公式ブログだと正直言ってよく分からないので、
詳しく知りたい方は食べログの方をご覧くださいませ。

ランチメニューは豊富なので、正直言って迷ってしまって困ります。
「選べるおに自慢ランチ・ディナー」というのがあって、
自分でメニューを選べて、がっつり食べたい方にはこちらがお勧めのようですが、
カレーうどんが美味しそうなので、私はこちらにしました。

普通のカレーうどんと、劇辛ラーメンが赤鬼、青鬼、黒鬼とあります。
辛好きなので、当然劇辛を選びますが、どれが良いか分からず店員さんに効いてみます。
「青って辛いですか?」とお聞きすると
「辛いのがお好きな方は大丈夫ですよ。」とのこと。
でも、遠慮してまずは、「赤鬼」にしました。

先ずは、紙エプロンまで持って来てくれまして、親切なお店です。
で、待って出てきたときには、でかい水の入ったジョッキと一緒です。
でも美味しそう。

2012041201.jpg

一口食べて、辛~ぁ。って感じですが、とても美味しい。
出汁もしっかり効いてますし、具もたっぷりです。
でも、食べれば食べるほど体が熱くなる辛さです。
「赤鬼」にしておいて、良かったなぁ。

ちゃんと完食しましたが、かなり辛いですねぇ。
あとで、気付きましたが、黒鬼を食べた方々は写真が貼ってあります。

おいしい生卵

お昼のランチにコケコッコー共和国へ行ってきました。
ここは、養鶏場が経営している直営のお店です。

こちらが、養鶏場の直売所です。
生卵は当たり前ですが、有精卵カステラなど卵加工品も売ってますよ。
ちなみに、生卵は15個300円とスーパーなどよりお得ですし、
加熱食用なら、15個200円と激安だとおもいます。

2012032811.jpg

ちょっと分かりにくいですが、背後の白い屋根の建物では、45000羽の鶏が飼われています。


2012032812.jpg

こちらは、お食事処です。
基本的には、というか鶏&卵のお店ですね。

2012032813.jpg

卵かけご飯の食べ放題(卵のみ)¥380というのが魅力的でしたが、
さすがに卵かけご飯だけではランチにならないですよね。
ということで、平日限定の焼肉ランチ(¥480)をいただきました。
こちらには、卵はついてきませんので、別に生卵2個をオプションで追加。
やっぱりおいしい卵は、生が一番ですねぇ。

2012032814.jpg

こんなおいしい生卵が食べられるならば、また寄っていきたいです。

北海道の味覚と言えば

北の味覚は色々ありますが、
お気軽に食べるには、やはりラーメンですね。

今回訪れたのは、新装開店したばかりの「まる吉」というラーメン店です。
前日に通りかかったら車が入れないくらいの混雑ぶりで、
まぁ実は、開店記念価格「390円」だったようですけど。

食べログでチェックしてみると、以前は別のラーメン店だったらしいです。
まぁ何はともあれ、入ってみました。

2012031302.jpg

店内は新装だけにきれいです。
おまけに私の嫌いな自動販売機での料金先払い金券方式じゃないのでうれしいです。
やはりじっくりメニュー確認したいので。

平日のセットランチメニューもありましたが、
私はイチオシになっている「味噌丸」に決定。
やはり札幌ラーメンですからね。

出てきたのはこちらです。
縮れ太麺のいわゆる札幌ラーメンですね。スープは、白湯系のちょっとこってりかなぁ。
とりあえず美味しくいただけました。
おまけに、寒いのでとっても暖かくなりましたので、ありあたかったです。

2012031301.jpg

ラーメンのお話はここまでです。
せっかく北海道へ来たので、スーパーに寄ってみました。
やはり庶民の味は、スーパーですよね。

さすが、北海道。
左は、ほっけです。写真だとよく分かりませんが、とにかくでかい。
一人で食べたら、これだけでおかずは十分という大きさです。

右は、ニシン。
江差のニシン御殿を昔見に行ったことがありますが、
東海地方では見ないにしんがたくさん売られてました。

どちらも庶民の味ですが、美味しいんですよねぇ。

2012031303.jpg2012031304.jpg

北海道の飲み物と言えば、この「カツゲン」ですよね。
北海道へ行ったことがない人は、見たことがないかも知れませんが、
「ヤクルト」に似た?味がする「カツゲン」は、
雪印メグミルクさんが、北海道内限定で発売している乳酸飲料です。
ですので、同社HPにも、製品一覧にもそれらしい物は載ってませんけど。
飲んだことがない方は、是非一度ご賞味を。

2012031305.jpg

最後は、北海道の三大ガッカリ観光地として有名な「時計台」です。
私も初めて来た時から何度も見てますが、ビルの谷間の「時計台」って言うのは....
でも、北海道言えばやはり「時計台」ですよね。

2012031306.jpg

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

aoshu

Author:aoshu
暇があれば、鉄道撮影をしています。
投稿日が撮影日です。たまに、アップが遅れますが。
撮影データや撮影場所などのご質問は、いつでもご連絡ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR