EVFと連写

E-M5 MarkIIを選択する際に気になっていたのは、
EVF、つまり電子ビューファインダーのタイムラグ。

以前コンデジを買うときにもかなり気にしていました。
このタイムラグが大きければ大きいほど、被写体についていけません。

以前ネットで見つけたタイムラグの測定。
測定したいデジカメで、ストップウオッチを映します。
そして、そのストップウオッチとデジカメの両方を撮影すれば良しです。

結果はこんな感じ。
ピントが両方に合わないため、ちょっと見ずらいですが、
ストップウオッチは、1/100の数値は「81」で、E-M5IIは、「84」です。
何かいか行ってみましたが、まぁおよそこんなところですかね。
3/100秒ならばまずまずなのかなぁ。
でも、時速100km/hで動くものは、1m近く動きます。
まぁ、許容範囲でしょうか。

2015122505.jpg

鉄道撮影にかかせない連写性能。
カタログスペック上は、ピント固定で約10コマ/秒。
追従連写では約5コマ/秒です。
私の場合、ほぼ100%置きピン撮影。
なので、ピント固定で早ければ良いのかなぁ。

こちらも、ストップウオッチ撮影。
写真は、1コマ目、9コマ目、10コマ目です。

結果から言えば、9コマ/秒という結果でしょうか。
カタログスペックまでいかなかったのですが、
カタログスペックでは、手ぶれ補正なしみたいで、今回は手ぶれ補正ありでの結果です。
多分、ノイズ補正などのパラメータもあるでしょうから、
まぁ、これもおおむね良好ということにしておきましょう。

2015122501.jpg
1コマ目

2015122502.jpg
9コマ目


2015122503.jpg
10コマ目

今回の結果は、あまり明るくない室内でのテストでした。
実際、明るい屋外での結果はどうなるかは分かりません。

あとは、5コマ/秒の追従連写も試してみたいなぁ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

aoshu

Author:aoshu
暇があれば、鉄道撮影をしています。
投稿日が撮影日です。たまに、アップが遅れますが。
撮影データや撮影場所などのご質問は、いつでもご連絡ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR